You are here

研究発表会

第188回DPS研究発表会

記事の分類: 

* 第188回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)
+ 主査: 田上 敦士 (KDDI総合研究所)
+ 幹事: 寺西 裕一 (情報通信研究機構),中沢 実 (金沢工業大学)
福元 徳広 (KDDI総合研究所),重安 哲也 (県立広島大学),川上 朋也 (福井大学)

* 第93回 電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)
+ 主査: 原田要之助(情報セキュリティ大)
+ 幹事: 青木秀一(NHK技研)、折田明子(関東学院大)、加藤尚徳(KDDI総合研究所)、
黒政敦史(富士通クラウドテクノロジーズ)、小向太郎(中央大)、須川賢洋(新潟大)

表記の合同研究発表会を下記のとおり予定しております.奮ってご応募のほどよろしく
お願い申し上げます.併せて,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況によっ
てはオンライン開催も視野に入れて準備を進めております.今後の情勢の変化を見守
りながら,感染拡大予防対策を考慮した実施形態を決定いたします.詳細につきまして
は順次確定し次第,公開いたします.

   記

* 日時: 2021年9月9日(木)-9月10日(金)

* 場所: 県立広島大学 広島キャンパス
〒734-8558 広島県広島市南区宇品東一丁目1番71号
https://www.pu-hiroshima.ac.jp/

* テーマ: 情報セキュリティ,知的財産,著作権,プライバシー,
人と技術,IoT,Society 5.0 及びこれらの技術の社会的側面,IT社会問題一般
(企画セッションの内容につきましては、決まり次第更新します.)

* 発表申込締切: 8月4日(水) 23:59締切

* 登壇の発表だけでなく,ライトニングトークセッション形式にて,ポスターに
よる発表も受け付けています.詳細については,追ってご連絡いたします.

* 入稿締切: 8月18日(水) 23:59締切
(最大8ページ,6ページ以上が望ましい)

* 申込方法:下記Webページよりお申し込みください.
+ DPS研究会発表申込 : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS/
+ EIP研究会発表申込 : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EIP/

* 照会先
+ DPS: 川上朋也(福井大学) dps188[at]ipsjdps.org
+ EIP: 黒政敦史(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社) kuromasa[at]fujitsu.com

※ [at] を @ に置き換えてください.

* 研究報告原稿ご作成については以下のURLをご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

第187回DPS研究発表会

記事の分類: 

第187回 マルチメディア通信と分散処理研究会研究会(DPS)
第99回 モバイルコンピューティングとパーベイシブシステム研究会(MBL)
第85回 高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)
IEICE センサネットワークとモバイルインテリジェンス研究会 (SeMI)

・日程
2021年5月27日(木)-28日(金)

・会場
オンライン開催

・プログラム

5月27日(木)

9:30〜10:50 セッション1 山口 弘純(阪大)

1. [SeMI] 電波強度に基づく位置推定モデルの再学習方式
○山本正明・栗山裕之・永松健司(日立)
2. [SeMI] 特定の騒音環境下における音声認識のためのノイズ除去の検討と評価実験
○佐野将太・村上史尚・川喜田佑介・宮崎 剛・田中 博(神奈川工科大)
3. [DPS] 複数台のUAVを用いた災害時代替ネットワークの展開手法の一検討
○小原和也,今野瞭,今井信太郎(岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科)
4. [MBL] 注意機構を用いたGraph Convolutional Networksによる短期的将来滞在人口数推定
○久保田祐輝,清水哲夫,大平悠季(東京都立大学)

11:05-12:25 セッション2 石原 進 (静岡大)

5. [MBL] 健康に関する行動変容のための社会的メッセージ提示方法の検討
○濱谷尚志,山田渉,落合桂一,山本直樹,檜山聡(株式会社NTTドコモ)
6. [ITS]. 警備に活用する自律走行台車の自己位置推定手法
○澤野雄哉,永井悠人(神奈川工科大学大学院),鈴木孝幸,清原良三(神奈川工科大学)
7. [SeMI] ビジュアルプログラミングに基づくIoTサービス自動構築基盤
○金井謙治・中里秀則(早大)
8. [MBL] 不均衡データセットを用いた回帰問題における損失関数の検討
○吉川寛樹,内山彰,東野輝夫(大阪大学)

13:25-14:45 セッション3 廣森 聡仁(阪大)

9. [DPS] 地理的分散環境を想定したMECオフローディング基盤におけるネットワーク・計算資源管理機構
○安森涼,渡邊大記(慶應義塾大学理工学研究科),稲垣勇佑(慶應義塾大学理工学部),近藤賢郎(慶應義塾情報セキュリティインシデント対応チーム),寺岡文男(慶應義塾大学理工学部)
10. [DPS] 無線LAN環境における複数のモバイル端末を用いたライブ配信システムの提案
○小山天,後藤佑介(岡山大学)
11. [DPS] 動画配信におけるフレームの特徴量に基づく映像の超解像処理手法の提案
大石貴之,○後藤佑介(岡山大学)
12. [DPS] エッジコンピューティング環境での顔認識アプリケーションを対象とした負荷分散機能の実現と評価
○永元陽一,横山和俊(高知工科大学)

15:00-16:20 セッション4 重野 寛 (慶應大)

13. [SeMI] 高速道路サグ部渋滞時の車両間通信を利用した車線変更制御の性能評価
○鹿毛悠誠・森野博章(芝浦工大)
14. [ITS] 近隣車情報を用いた強化学習による自動運転制御〜報酬付与法の検討と制御挙動の分析〜
○原田智広(東京都立大学),服部聖彦(東京工科大学)
15. [ITS] 高予測精度と低収集コストを実現するためのバスプローブデータ収集地点の選定
○川谷卓哉(九州大学大学院システム情報科学府),峯恒憲(九州大学大学院システム情報科学研究院)
16. [MBL] WiFiとBLEによるハイブリッド混雑度計測における自動パラメータ調整の検討
○徳田瑛,荒川豊(九州大学大学院システム情報科学研究院),高野茂(九州大学 持続可能共進化拠点(COI)),石田繁巳(九州大学大学院システム情報科学研究院)

16:35 - 17:35 セッション5 今井 信太郎 (岩手県立大学)

17. [DPS] 医師のワークライフバランスを考慮した勤務スケジュール作成手法の提案
○武田碧生,後藤佑介(岡山大学),酒井晃二,廣田達哉,小原雄(京都府立医科大学),内山彰(大阪大学),乃村能成(岡山大学)
18. [MBL] 新生児熱画像の部位検出における相対位置制約の有効性評価
○別府文香,吉川寛樹,内山彰,東野輝夫(大阪大学),濱田啓介(長崎みなとメディカルセンター/長崎大学),平川英司(長崎みなとメディカルセンター)
19. [SeMI] 単眼カメラによる遮蔽を考慮した運動時密検出システムの開発
○長谷川凌佑・内山彰・小笠原一生(阪大)・村松大吾(成蹊大)・大倉史生・高畑裕美・中田研・東野輝夫(阪大)

17:35 - 18:15 ポスターセッション 内山 彰(阪大)

20. [SeMI] 推論モデルの動的組み合わせによる実世界認識システム
○田谷昭仁・下田功一・戸辺義人(青学大)

5月28日(金)

9:15-10:35 セッション6 服部 聖彦(東京工科大学)

21. [SeMI] ドローンを用いた無線リレーネットワークにおける不均一なユーザ分布を考慮した飛行方式
○浅野博之・岡田 啓・ベンナイラ シャドリア・片山正昭(名大)
22. [SeMI] 個別認証を伴う無線LAN車車間すれ違い通信における転送可能データ量予測に関する実証的考察
○加藤新良太(静岡大)・髙井峰生(阪大/カリフォルニア大ロサンゼルス校)・石原進(静岡大)
23. [DPS] 隣接送受信無線ノードに通信機会を平等に与えるための受信ノード主導型RTS/CTS制御手法
○原桃香,桧垣博章(東京電機大学)
24. [DPS] 中継無線ノードの移動を用いた無線マルチホップ配送における移動経路の暫時変更手法
○栗原大樹,桧垣博章(東京電機大学)

10:50-12:10 セッション7 梶 克彦(愛知工業大学)

25. [MBL] 多様な人物属性を考慮した堅牢なトラッキング手法の実装と評価
○右京莉規,天野辰哉,廣森聡仁,山口弘純,東野輝夫(大阪大学大学院情報科学研究科)
26. [DPS] 位置情報探索におけるSLAMを用いた屋内向けARナビゲーションシステムの提案
○常友琉成,後藤佑介(岡山大学)
27. [MBL] 清掃工場における磁気と気圧を用いた屋内測位可能性の現地調査
○奥村嶺(奈良先端科学技術大学院大学),新佑太郎(日立造船株式会社),新井イスマイル(奈良先端科学技術大学院大学),川端馨(日立造船株式会社),藤川和利(奈良先端科学技術大学院大学)
28. [SeMI] 屋内PDRにおける教師データの部分的導入による階段昇降の推定
○高橋千彩季・森野博章(芝浦工大)

13:10-14:50 セッション8 吉廣 卓哉(和歌山大学)

29. [MBL] 大規模広告位置データによる観光施策立案評価システムの設計
○荒川豊,石田繁巳(九州大学),酒井幸輝(株式会社コロプラ),峯恒憲(九州大学)
30. [MBL] 端末間協調による電力融通およびバッテリープールコンセプトに対する社会的受容性の評価
○服部聖彦(東京工科大学),天間克宏(国立研究開発法人 情報通信研究機構)
31. [DPS] 木構造を拡張したセンサー識別子の自動割当
○高木優希,串田高幸(東京工科大学大学院)
32. [DPS] 無線マルチホップ配送における盗聴妨害のためのノイズ無線信号送信タイミング通知方法
○天野日菜乃,桧垣博章(東京電機大学)
33. [SeMI] Optical Camera CommunicationによるセキュアなマルチチャネルD2D認証
○李天文・小野寺幸仁(東京農工大)・高野宏紀・久野大介(阪大)・中山悠(東京農工大)

・発表申込締切: 2021年3月18日(水) 23:59
下記Webページよりお申し込みください.
+ MBL研究会発表申込みはこちら:?https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MBL
+ DPS研究会発表申込みはこちら:?https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS
+ ITS研究会発表申込みはこちら:?https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ITS

* 現地での参加については,事前申し込みが別途必要です.
+ 現地参加申込みフォーム:https://forms.gle/7RACLJFKxo2arHC5A
発表者優先で先着順です.早めにお申し込みください.
申し込み状況によってはご要望にお応えできない場合がございます。

・原稿提出締切 (IPSJ): 2021年4月19日(月) 23:59
+ 通常の口頭発表の原稿仕上がり枚数は,原則として最大8ページ,6ページ以上が望ましいとさせて頂きます.
+ ポスター発表での原稿仕上がり枚数は,最大2ページとさせて頂きます.
+ 原稿提出締切の延長は一切できませんのでご了承ください.(締切後は原稿の差替え/取下げもできません)

* 照会先: [at]は@に置き換えてください.
+ MBL担当者: 谷口 義明(近畿大学) mbl99[at]mbl.ipsj.or.jp
+ DPS担当者: 廣森 聡仁 (阪大) dps187[at]ipsjdps.org
+ ITS担当者: 石田 繁巳 (九大) its85[at]ishilab.net

* 連催: 電子情報通信学会-SeMI研究会
+ 発表申し込みはこちら:
http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-SeMI
+ SeMI担当者: 内山 彰 (阪大) semi-sec[at]mail.ieice.org?
※[at]は@に置き換えてください.

第186回DPS研究発表会

記事の分類: 

第92回 情報処理学会 コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)
第186回 マルチメディア通信と分散処理研究会研究会(DPS)

■ 日程
2021年3月15日(月)から16日(火)

■ 開催場所
オンライン開催・Zoom
※参加方法は、プログラム確定後に改めてご案内致します。

■ プログラム

3/15

・9:00〜10:20 トラック1 CSEC 社会分析・教育 座長:森達哉(早稲田大学)
1. フィッシング詐欺のビジネスプロセス分類
林憲明(フィッシング対策協議会/トレンドマイクロ株式会社), 唐沢勇輔(フィッシング対策協議会/Japan Digital Design株式会社), 中村智史(フィッシング対策協議会/LINE株式会社), 坂本美子(フィッシング対策協議会/株式会社日立システムズ), 柘植悠孝(フィッシング対策協議会/トビラシステムズ株式会社), 岡田雅之(長崎県立大学), 加藤雅彦(長崎県立大学)
2. グループ会社の情報セキュリティ対策実施を左右する要因の分析
古殿瑶子(情報セキュリティ大学院大学), 稲葉緑(情報セキュリティ大学院大学)
3, 高校生に対する効果的な情報モラル教材に関する研究
稲葉啓太(情報セキュリティ大学院大学), 稲葉緑(情報セキュリティ大学院大学)
4. Twitter上における大規模な情報拡散事例の分析とその考察
嶋田里聖(明治大学), 田畑唯斗(明治大学), 利光能直(明治大学大学院), 菊田翼(明治大学大学院), 田中絵麻(明治大学), 齋藤孝道(明治大学)

・9:00〜10:20 トラック2 CSEC セキュアプロトコル 座長:土田光(NEC)
5. 差分プライベートな秘密計算のための暗号化された離散乱数を生成する非対話型二者間プロトコル
紀伊真昇(NTT セキュアプラットフォーム研究所), 市川敦謙(NTT セキュアプラットフォーム研究所), 千田浩司(NTT セキュアプラットフォーム研究所), 濱田浩気(NTT セキュアプラットフォーム研究所)
6. 6枚のカードを用いた非コミット型3入力ANDプロトコル
佐々木優(東北大学), 宮原大輝(東北大学/産業技術総合研究所), 水木敬明(東北大学/産業技術総合研究所), 曽根秀昭(東北大学)
7. 手の内だけで簡単に実行可能な Six Card Trick とカード入力後の置換に関する考察
須賀祐治(株式会社インターネットイニシアティブ)
8. Generalization of Contact Tracing
De Goyon Mathieu(Osaka University/IMT Lille Douai France ), Miyaji Atsuko(Osaka University), Tian Yangguang(Osaka University)

・10:30〜11:50 トラック1 CSEC システム設計・実装 座長:毛利公一(立命館大学)
9. メモリ破損脆弱性を利用した攻撃に対するRustを用いた対策手法
千脇貴之(情報セキュリティ大学院大学), 橋本正樹(情報セキュリティ大学院大学)
10. ブラウザフィンガープリントを用いた会員ID 推定を提供する Web API システムの提案と構築
渡名喜瑞稀(明治大学), 藤井達也(明治大学), 神章洋(明治大学), 利光能直(明治大学大学院), 北條大和(明治大学大学院), 齋藤孝道(明治大学)
11. Coqを用いたソフトウェアスイッチの設計と実装
斎藤文弥(大阪大学), 高野祐輝(大阪大学), 宮地充子(大阪大学/北陸先端科学技術大学院大学)
12. Rust言語用動的メモリアロケータの検査フレームワークの提案
尾崎純平(大阪大学), 高野祐輝(大阪大学), 宮地充子(大阪大学/北陸先端科学技術大学院大学)

・10:30〜11:50 トラック2 DPS システム基盤技術 座長:藤野知之(NTT)
13. 天候要素を考慮したビデオストリーミングのノイズ除去フレームワークの設計と実装
陳明康(総合研究大学院大学),孫静涛,佐賀一繁,丹生智也(国立情報学研究所),合田憲人(国立情報学研究所総合研究大学院大学)
14. 確率的暗号ベースの検索可能暗号を用いた全文検索の高速化検討
森郁海(三菱電機株式会社情報技術総合研究所/公立はこだて未来大学),平野貴人(三菱電機株式会社情報技術総合研究所),中村嘉隆,稲村浩(公立はこだて未来大学)
15. DPDK の超高速通信を活用した、 緩和法解析の分散処理に関する研究
伴野隼一(明星大学大学院情報学研究科情報学専攻),矢吹道郎(明星大学情報学部情報学科)
16. 地域を支える山間道路のセンシングデータ収集と解析に関する試み
廣森聡仁(大阪大学 大学院情報科学研究科/JSTさきがけ),塚本幸宏,山口弘純(大阪大学 大学院情報科学研究科),高井峰生(大阪大学 大学院情報科学研究科/カリフォルニア大学ロサンゼルス校),東野輝夫(大阪大学 大学院情報科学研究科),梶田宗吾,前野誉(スペースタイムエンジニアリング)

・12:50〜14:10 トラック1 CSEC 攻撃検知・防御 座長:羽角太地(NEC)
17. 仮想的BGPリンクの分類と検知手法の検討
長坂明紀(東京大学大学院工学系研究科), 相田 仁(東京大学大学院工学系研究科)
18. TLS への Bleichenbacher’s CAT 攻撃の考察および実装
嶂南秀敏(北陸先端科学技術大学院大学), 王イントウ(北陸先端科学技術大学院大学), 藤崎英一郎(北陸先端科学技術大学院大学)
19. 複数組織の接続傾向を用いた自律進化型防御システムの提案
西嶋克哉(株式会社日立製作所 研究開発グループ), 川口信隆(株式会社日立製作所 研究開発グループ), 植木優輝(株式会社日立製作所 研究開発グループ), 重本倫宏(株式会社日立製作所 研究開発グループ), 近藤賢郎(慶應義塾 情報セキュリティインシデント対応チーム), 中村修(慶應義塾大学 環境情報学部)
20. 不適切なデータセットや処理方法を用いた機械学習によるXSS攻撃検出研究の解説と精度の比較
飯野和真(東京工科大学), 宇田隆哉(東京工科大学)

・12:50〜14:10 トラック2 DPS ネットワーク基盤 座長:重安哲也(県立広島大学)
21. ホワイトボックススイッチを利用したネットワークサービスプロバイダ視点での機能カスタマイズを実現するVNF 基盤
田部悠介(慶應義塾大学大学院理工学研究科),近藤賢郎(慶應義塾大学情報セキュリティインシデント対応チーム),寺岡文男,金子晋丈(慶應義塾大学理工学部)
22. 地理的分散環境を想定したMECにおけるオフローディング機構
稲垣勇佑,渡邊大記,安森涼,近藤賢郎(慶應義塾大学),熊倉顕,前迫敬介,張亮(ソフトバンク株式会社),寺岡文男(慶應義塾大学)
23. NDNベースのエッジコンピューティング環境における位置データの計算ノード選択に関する一考察
武政淳二,小泉佑揮(大阪大学 大学院情報科学研究科),田上敦士(KDDI 総合研究所),長谷川亨(大阪大学 大学院情報科学研究科)
24. AIS 拡張利用を目指したユーザ参加型リアルタイム風況データと航海状態の可視化に向けた提案
藤本隆晟,浦上美佐子(徳山工業高等専門学校)

・14:20〜15:40 トラック1 CSEC IoTセキュリティ 座長:佐々木貴之(横浜国立大学)
25. IoTマルウェアの分類における画像化を用いた手法とシステムコール列を用いた手法の比較
イボット アリジャン(筑波大学), 大山恵弘(筑波大学)
26. クロック分解能を用いたRaspberry Pi 仮想マシンの検出
鈴木克弥(筑波大学), 大山恵弘(筑波大学)
27. 車載エレクトロニクスへのサイバー攻撃を解析するための三層型ログ保全技術の提案
五十嵐貴久(情報セキュリティ大学院大学), 松井俊浩(情報セキュリティ大学院大学)
28. Intel SGXを用いたサーバーにおけるチート対策のクライアント委任手法
髙橋孝輔(情報セキュリティ大学院大学), 橋本正樹(情報セキュリティ大学院大学)

・14:20〜15:40 トラック2 DPS 無線ネットワーク 座長:樋口拓己(パナソニック)
29. 密集無線LAN環境におけるQ学習を用いた送信電力・信号検知閾値制御の検討
武松未来(慶應義塾大学理工学部情報工学科),坂井渉太,重野寛(慶應義塾大学大学院理工学研究科)
30. 異種無線多重MIMOチャネル動的構成方式における動的感度レート制御
奥本裕介(関西大学大学院理工学研究科),滝沢泰久(関西大学環境都市工学部)
31. モバイルセンサネットワークにおける端末密度情報の収集について
粉川博明(島根大学大学院自然科学研究科理工学専攻),寺井元基(島根大学総合理工学部),神崎映光(島根大学学術研究院理工学系)
32. 開放環境無線センサネットワークにおける協調的改ざん検知と自己組織化マップを用いた不正ノード孤立化手法の提案
木村圭希(関西大学大学院 理工学研究科 環境都市工学専攻),滝沢泰久(関西大学 環境都市工学部 都市システム工学科)

・15:50〜17:30 トラック1 CSEC 暗号(1) 座長:林卓也(デジタルガレージ)
33. 解読計算量に基づくLWE暗号の安全性に関する検討
岡翔子(立命館大学 情報理工学研究科), 國枝義敏(立命館大学 情報理工学研究科), 上原哲太郎(立命館大学 情報理工学研究科), 猪俣敦夫(大阪大学サイバーメディアセンターおよび立命館大学総合科学技術研究機構)
34. Threshold ECDSA for securing digital assets in combination with blockchain
王兆博(大阪大学), 宮地充子(大阪大学)
35. 耐量子暗号Giophantus+ 暗号における多項式の項省略による線形代数攻撃の改良
中村友耀(大阪大学),奥村伸也(大阪大学),宮地充子(大阪大学)
36. 格子を用いた複数鍵線形準同型署名
小﨑俊二(情報セキュリティ大学院大学), 有田正剛(情報セキュリティ大学院大学)
37. Decision Ring-LWE問題に対する部分格子攻撃の改良について
室井謙典(大阪大学),奥村伸也(大阪大学),宮地充子(大阪大学)

・15:50〜17:10 トラック1 DPS 協調制御 座長:田上敦士(株式会社KDDI総合研究所)
38. 分散台帳に従うデータ流通制御に向けたオフチェーンデータの紐付け方式
大橋盛徳,藤村滋,中平篤(日本電信電話株式会社サービスエボリューション研究所)
39. IoTデータ経済流通のための価格競争が起きない価格決定手法に関する一検討
吉廣卓哉(和歌山大学/JSTさきがけ)
40. 需要分布に基づくロードプライシングにおける計算量削減手法の検討
山本規吉,川上朋也(福井大学)
41. 天気予報による発電量予測をもとにユーザとセンサーデータのサービスレベルを合意する手法
杉本一彦,串田高幸(東京工科大学)

3/16

・9:00〜10:20 トラック1 CSEC 暗号通貨・ネットワーク分析 座長:橋本正樹(情報セキュリティ大学院大学)
42. オーバレイネットワーク情報を活用した暗号通貨追跡手法の研究
高橋智士(情報セキュリティ大学院大学),大塚玲(情報セキュリティ大学院大学)
43. ハニーポットにより観測されるDRDoS攻撃の影響評価と要因分析
新谷夏央(横浜国立大学大学院 環境情報学府), 牧田大佑,(情報通信研究機構), 吉岡克成(横浜国立大学大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院) , 松本勉(横浜国立大学大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院)
44. Androidにおける遷移元Webサイトから利用者の意図しないWebサイトまでの通信内容の分析
川島千明(岡山大学 工学部), 市岡秀一(岡山大学 大学院自然科学研究科), 山内利宏(岡山大学 大学院自然科学研究科)
45. 不正な暗号資産のマネーフロー分析を目的とした取引タイミングに着目した可視化手法の提案
森博志(デロイト トーマツ サイバー合同会社), 熊谷裕志(デロイト トーマツ サイバー合同会社), インミン パパ(デロイト トーマツ サイバー合同会社),高田雄太(デロイト トーマツ サイバー合同会社), 鈴木将吾(デロイト トーマツ サイバー合同会社), 神薗雅紀(デロイト トーマツ サイバー合同会社)

・9:00〜10:20 トラック2 CSEC 情報収集・分析 座長:大山恵弘(筑波大学)
46. 準パススルー型ハイパーバイザによるメモリデータ収集機能の性能改善と評価
大森貴通(豊田工業高等専門学校 専攻科 情報科学専攻), 水野広基(豊田工業高等専門学校 情報工学科), 牧原京佑(豊田工業高等専門学校 情報工学科), 平野学(豊田工業高等専門学校 情報工学科), 小林良太郎(工学院大学 情報学部)
47. Cyber Threat Intelligenceの構造化による分析支援手法の提案
藤井翔太(日立製作所/岡山大学 大学院自然科学研究科), 川口信隆(日立製作所), 重本倫宏(日立製作所), 山内利宏(岡山大学 大学院自然科学研究科)
48. ユーザ操作特定のためのカーネル内でのプロセス挙動収集手法
藤枝慶弘(立命館大学), 羽角太地(日本電気株式会社), 島成佳(日本電気株式会社), 安田真悟(国立研究開発法人 情報通信研究機構), 鄭俊俊(立命館大学), 毛利公一(立命館大学)
49. ダークネットにおける大規模調査パケットを考慮したポート番号埋め込みベクトルによるスキャンパケット解析
石川真太郎(神戸大学), 中藤大暉(神戸大学), 班涛(情報通信研究機構), 小澤誠一(神戸大学)

・10:30〜11:50 トラック1 CSEC マルウェア検知 座長:川口信隆(日立製作所)
50. デコイファイルを用いた暗号化型ランサムウェアの検知とプロセス特定に関する検討
荻原拓海(工学院大学), 小林良太郎(工学院大学), 加藤雅彦(長崎県立大学)
51. IoTマルウェア自動検知のための 悪性コマンド列の特徴に対する概念ドリフト検出
小川真聖(情報セキュリティ大学院大学), 松井俊浩(情報セキュリティ大学院大学)
52. ストレージアクセスパターンを用いた機械学習によるランサムウェア判別システムの精度向上に関する考察
程田凌羽(豊田工業高等専門学校 専攻科 情報科学専攻), 平野学(豊田工業高等専門学校),小林良太郎 (工学院大学 情報学部)
53. 動的解析システムのネットワーク接続の有無によるマルウェア検知精度の比較
梶原友希(立命館大学), 鄭俊俊(立命館大学), 毛利公一(立命館大学)

・10:30〜11:50 トラック2 DPS ネットワーク制御 座長:寺岡文男(慶應義塾大学)
54. ビザンチン障害耐性を備えるキー順序保存型構造化オーバーレイネットワークの実現に向けて
寺西裕一(情報通信研究機構),秋山豊和(京都産業大学),安倍広多(大阪市立大学)
55. オーバレイネットワークにおける帯域消費が軽微なL2ループ検出手法の提案
野呂正明,高野陽介,小口直樹(富士通研究所),阿部俊二(国立情報学研究所)
56. 複数の時間間隔に基づくオーバレイネットワークにおけるルーティング効率化手法の検討
久保達也,川上朋也(福井大学)
57. ASグラフ構造に基づく経路情報耐性と協調防御の有効性に関する解析
明石修(国立情報学研究所)

・12:50〜14:10 トラック1 CSEC ネットワーク攻撃検知 座長:森達哉(早稲田大学)
58. 組織内で学習データを採取し定期的に判別器を更新する機械学習ベースのNIDS
佐藤秀哉(工学院大学情報学部), 林はるか(工学院大学情報学部), 小林良太郎(工学院大学情報学部)
59. MQTTブローカーのための免疫的攻撃検知の試作
岡本剛(神奈川工科大学)
60. 疑似ログ生成によるアノマリ検知技術強化に関する考察
山本匠(三菱電機株式会社), 岩崎亜衣子(三菱電機株式会社), 西川弘毅(三菱電機株式会社), 小林創(三菱電機株式会社), 河内清人(三菱電機株式会社), 吉村礼子(三菱電機株式会社)
61. DCGANとパーティクルフィルタを用いたネットワークトラフィック異常検出
森岡卓哉(大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科), 青木茂樹(大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科), 宮本貴朗(大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科)

・12:50〜14:10 トラック2 DPS 機械学習 座長:森郁海(三菱電機)
62. 分散機械学習MicroDeepのエナジーハーベスト実装と実証実験
GereltodSengun,山口弘純,東野輝夫(大阪大学),安本慶一(奈良先端科学技術大学院大学),田上敦士(KDDI総合研究所)
63. 歩行者の移動傾向を考慮した強化学習による自律移動ロボットナビゲーション
一色春香,天野加奈子,加藤由花(東京女子大学)
64. Auto-Encoderによる異常検知手法のための実数を使用した秘密計算方法
松本麻里,古田雅則((株)東芝研究開発センター)
65. 推論多重実行におけるGPU資源の利用効率化技術
鈴木貴久,田中美帆,豊永慎也,松倉隆一(株式会社富士通研究所)

・14:20〜15:40 トラック1 CSEC 暗号(2) 座長:濱田浩気(NTT)
66. CFBモードにおけるIVの誤使用と計算量の低下現象について
沖津直樹(情報セキュリティ大学院大学)
67. ニューラルネットワークを用いた軽量ブロック暗号PRESENTの解析
勝田耕作(東京理科大学), 五十嵐保隆(東京理科大学), 金子敏信(東京理科大学)
68. General Sieve Kernelの考察および改良
長谷川奨(北陸先端科学技術大学院大学), 王イントウ(北陸先端科学技術大学院大学), 藤崎英一郎(北陸先端科学技術大学院大学)
69. 情報理論的に安全な完全準同型暗号に関する考察
佐藤慎悟(情報通信研究機構), 四方順司(横浜国立大学)

・14:20〜15:40 トラック2 DPS サービス支援 座長:上田浩(法政大学)
70. 持続可能なセキュア共生情報システムの提案と デジタル寺院・ネバーダイプロフェッサ への応用
藤田茂(千葉工業大学情報科学部),滝雄太郎(千葉工業大学大学院情報科学研究科),白鳥則郎(中央大学研究開発機構)
71. 長期的な孤立運用後にサービスを統合可能なデータ管理手法
大坂優輝(東北大学 大学院情報科学研究科),北形元,長谷川剛(東北大学 電気通信研究所)
72. オントロジを活用した多様な利用者環境に適用可能なIoTサービス構成手法
和室昂佑(東北大学大学院情報科学研究科),北形元,長谷川剛(東北大学電気通信研究所)
73. 非集中型モデルによる動画配信プレーヤー用個人視聴データ取得・蓄積モジュールの試作
関根大輔,松村欣司,藤井亜里砂(日本放送協会)

■ 発表申し込み〆切
2021年2月4日(木) 23:59 (JST)
(2021年1月28日(木) 23:59 (JST) から延長しました!)

■ 論文原稿〆切
2021年2月18日(木) 23:59 (JST)
※締切以降は、原稿の提出、差替、取下げはできません。
※原稿未提出の場合は、発表申込キャンセルの扱いになり、発表できません。

■ 発表申込方法
各研究会のホームページより申し込んでください。
・CSEC研究会の場合
https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=CSEC
※「姓名・タイトルの英文入力欄は必須ではありません」とありますが、姓名・
 タイトルについては英文入力欄にも記入をお願いします。
※ 登壇者が学生の場合は「研究会への連絡事項」に「登壇者は学生」と記入してください。

・DPS研究会の場合
https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=DPS

■ 備考
発表申し込みをいただきました方には、後日学会事務局から原稿の依頼をさせていた
だきます(上記申し込みの連絡者の方にご連絡します)。
カメラレディの締め切りは研究会開催日のおおよそ1ヶ月前に設定されます。
詳細については以下のURLをご参照ください。
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
原稿仕上がり枚数は、原則として最大8ページ、6ページ以上が望ましいとさせていた
だきます。研究報告用PDF原稿等は、上記の申し込みページでご提出ください。

■ お問い合せ先 ([at] を @ へ変更してください。)
PC(CSEC研究会) 古川 諒(NEC) csec3cfp[at]iwsec.org
PC(DPS研究会) 廣森 聡仁 (大阪大学) dps186[at]ipsjdps.org

■サイバーセキュリティ研究倫理に関するチェックリストについて(CSEC研究会)
CSEC研究会では、セキュリティ分野の研究倫理の重要性の高まりを受け、
サイバーセキュリティ研究に関する典型的な倫理的配慮を著者らに啓発
することを主たる目的としてチェックリストの活用を進めています。
研究発表に際して研究倫理の観点で懸念がある方は、投稿前にまず
チェックリストを活用し、セルフチェックを実施してみてください。
チェックリストは下記からご利用ください。
https://www.iwsec.org/csec/ethics/checklist.html

[注意事項]
研究報告の完全オンライン化に伴い、研究発表当日の資料は、開催の1週間前に情報
処理学会電子図書館(情報学広場)に掲載されます。そのため、研究報告に掲載される
論文の公知日は、研究発表会の開催日初日の1週間前となります。特許申請の扱い等
の際にはご注意ください。詳細については以下のURLをご参照ください。
https://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html

研究会のご案内および最新情報はそれぞれの研究会のWEBページでご確認ください。
CSEC研究会 https://www.iwsec.org/csec/
DPS研究会 https://www.ipsjdps.org/

第185回DPS研究発表会

記事の分類: 

第185回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)研究発表会
+ 主査: 田上 敦士 (KDDI総合研究所)
+ 幹事: 廣森 聡仁 (大阪大学),寺西 裕一 (情報通信研究機構),中沢 実 (金沢工業大学)
福元 徳広 (KDDI総合研究所),重安 哲也 (県立広島大学)

表記の合同研究発表会を下記のとおり,現地開催とオンライン開催を併用するハイブリッ
ドにて開催いたします.聴講される参加者だけでなく,発表される方についても,現地,
オンラインのいずれかご都合のよろしい形でご発表いただけるよう準備いたしております.
奮ってご参加のほどよろしくお願い申し上げます.

  記

** 日時・会場
+ 日時: 2020年12月21日(月) から 12月22日(火)
+ 場所: イイテラス 10F Hall
〒890-0054 鹿児島県鹿児島市荒田1-16−7
+ 会場情報: https://www.eterrace.net/

** プログラム
12月21日

12/21 13:00-14:00 センシング
1. 2D-LiDARによる人物発見手法の一検討
永井悠人(神奈川工科大学大学院),澤野雄哉,鈴木孝幸,清原良三(神奈川工科大学)
2. 公共空間における三次元点群の不完全性に対して堅牢な歩行者トラッキング手法
右京莉規,廣森聡仁,山口弘純,東野輝夫(大阪大学大学院情報科学研究科)
3. UAV協調型センシングにおけるグループ化を用いた探索手法
伊藤太清(島根大学大学院自然科学研究科理工学専攻),神崎映光(島根大学学術研究院理工学系)

12/21 14:15-15:00 招待講演 (座長:寺西 裕一(情報通信研究機構))
4. ブロックチェーン「ネットワーク」の研究
首藤 一幸(東京工業大学情報理工学院)

12/21 15:15-16:15 ミドルウェア (座長:伊藤 俊夫 (東芝 研究開発センター))
5. 多重視点を表示するための分散基盤システム
木村梨沙,中島達夫(早稲田大学基幹理工学部情報理工学科)
6. Web WorkerにDOM操作機能を提供するフレームワークの設計と実装
宇佐見優一郎(明治大学大学院理工学研究科),早川智一(明治大学理工学部)
7. 車載ECU向けソフトウェア更新システムの評価環境
杉本俊輔(神奈川工科大学),染谷一輝(神奈川工科大学大学院),鈴木孝幸,清原良三(神奈川工科大学)

12/21 16:30-17:00 ライトニングトーク (座長:田上 敦士 (株式会社KDDI総合研究所))
- 不揮発性メモリ品型計算機の提案 (谷口 秀夫/岡山大学)
- オープンソースを活用した交差点可視化システム (栁澤理紗、中沢実/金沢工業大学)

12/22 10:00 - 11:20 性能評価
8. クラウドコンピューティングを支える仮想計算機技術の性能分析
島谷隼生,佐藤将也,谷口秀夫(岡山大学大学院自然科学研究科)
9. 揮発性/不揮発性メモリ混載計算機において実行プログラムを分散配置するOFF2Fプログラムの性能評価
高杉頌,額田哲彰,佐藤将也,谷口秀夫(岡山大学大学院自然科学研究科)
10. マルチコアAnTを用いた処理分散効果の比較
小林優也,佐藤将也,谷口秀夫(岡山大学大学院自然科学研究科)
11. Ethereumに基づいたアプリケーションの実行時間定式化の検討と計測
阿部涼介,鈴木茂哉(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)

12/22 13:00 - 14:00 最適化
12. コンテンツ要求時間間隔に基づく人気コンテンツ種別の推定手法
中田有哉(県立広島大学大学院総合学術研究科情報マネジメント専攻),重安哲也(県立広島大学経営情報学部経営情報学科)
13. セキュアマルチパーティ計算によるエッジシステム上のBP学習法の提案
宮島洋文(長崎大学),重井徳貴,宮島廣美(鹿児島大学),白鳥則郎(中央大学)
14. eVTOLにおける遷移飛行を考慮したエネルギー効率化の研究
小川裕生(金沢工業大学大学院工学研究科情報工学専攻),渡辺魁(金沢工業大学工学部情報工学科),中沢実(金沢工業大学大学院工学研究科情報工学専攻)

12/22 14:15 - 15:15 アプリケーション
15. SDGsのための情報格差を考慮したインタフェースデザイン
田中結,藤本貴之(東洋大学)
16. Proposal of Sustainable Stone Grinder For Realization of Super Smart Villages
ゴータムビスヌ・プラサド(金沢学院大学経済情報学部経済情報学科),ポカレルバラット(農学部・環境科学部米国テネシー州立大学),白鳥則郎(中央大学研究開発機構)
17. 可用性と検索性能に配慮した複製による分散ログ管理
小山智之,串田高幸(東京工科大学)

** テーマ
マルチメディア,分散処理,ネットワークサービス基盤に関連した領域全般,
および,それらのアプリケーション一般

** 参加申込
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dps185.html

** 発表申込締切
2020年11月19日(木) 23:59 締切

** 最終原稿締切
2020年11月26日(木) 23:59 締切

** 発表申込方法
下記発表申し込みページよりお申し込みください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS/

** ライトニングトーク発表申込
締切:2020年11月12日(木)
申込ページ:https://www.ipsjdps.org/node/238

** 招待講演:ブロックチェーン「ネットワーク」の研究 (東京工業大学 首藤 一幸)
ブロックチェーンは、暗号に加えて、分散システムの理論や技術に支えられて
います。我々のグループは、ネットワークやシステムの側面からブロックチェー
ンの性能、安全性、分権性、公平性などについて研究しています。本講演では
最近の成果を報告します。

** 照会先
+ 担当: 廣森 聡仁 (大阪大)
dps185[at]ipsjdps.org
※[at]を@に置き換えてください.

** 参考
発表申し込みをいただきました方には,後日学会事務局から原稿の依頼ををさ
せていただきます.なお,2012年度より,原稿が縦長スタイルに変わっていま
すのでご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
原稿仕上がり枚数は,原則として最大8ページ,6ページ以上を推奨いたしてお
ります.研究報告用PDF原稿等は,上記の発表申込ページからご提出ください.

** 注意事項
研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の1週間前
に情報処理学会電子図書館に掲載されます.そのため,研究報 告に掲載され
る論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の1週間前となります.特許申請
の扱い等の際にはご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html

第184回DPS研究発表会

記事の分類: 

* 第184回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)
+ 主査: 田上 敦士 (KDDI総合研究所)
+ 幹事: 廣森 聡仁 (大阪大学),寺西 裕一 (情報通信研究機構),中沢 実 (金沢工業大学)
福元 徳広 (KDDI総合研究所),重安 哲也 (県立広島大学)

* 第89回 電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)
+ 主査: 原田要之助(情報セキュリティ大)
+ 幹事: 青木秀一(NHK技研)、折田明子(関東学院大)、加藤尚徳(KDDI総合研究所)、
黒政敦史(富士通クラウドテクノロジーズ)、小向太郎(中央大)、須川賢洋(新潟大)

表記の合同研究発表会を下記のとおり,現地開催とオンライン開催を併用するハイブリッ
ドにて開催いたします.聴講される参加者だけでなく,発表される方についても,現地,
オンラインのいずれかご都合のよろしい形でご参加いただけるよう準備いたしております.
奮ってご参加のほどよろしくお願い申し上げます.

* 日時: 2020年9月10日(木)-9月11日(金)

* 場所: 松江勤労者総合福祉センター 松江テルサ 大会議室
〒690-0003 島根県松江市朝日町478−18
https://www.matsue-terrsa.jp/

* 参加方法:

聴講者の皆様:

参加者数把握のため,すべての参加予定者に情報処理学会マイページからの
参加申込をお願いしております(当日でも申込可能です).
以下のURLにある「参加方法」からお手続きをお願いいたします.

発表者の皆様:
以下のURLにある「申込方法」からからお手続きをお願いいたします。

https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dps184eip89.html

参加費
--------------------------------------------
当該研究会登録会員・ジュニア会員:無料
情報処理学会 名誉会員、正会員、賛助会員:2,000円
情報処理学会学生会員:500円
非会員(一般):3,000円
非会員(学生):1,000円
--------------------------------------------

お支払い期限は2020年10月末とさせていただきます。もしそれより遅
くなる場合は、お手数ですがご入金予定日をこちらのメールにご返信頂
くか、マイページの請求情報に入金予定日をご入力ください。なお、参
加申込をしていただくと、ミーティングURL情報や研究報告のダウンロー
ド方法を記載したメールをお送りしますので開催前にお申込みいただく
ようお願い致します。

また、現地で参加される方については、現地の受付にて、参加申込の返
信メールに記載されている申込受付番号をお聞きいたしますので、ご準
備くださいますようお願いいたします。

* テーマ: 情報セキュリティ,知的財産,著作権,プライバシー,
人と技術,IoT,Society 5.0 及びこれらの技術の社会的側面,IT社会問題一般
(企画セッションの内容につきましては、決まり次第更新します.)

*プログラム

9/10 14:00-15:20 DPS システム制御 座長: 重安哲也(県立広島大学)
(1) IoT機器におけるプライバシー保護のための決定木分散学習
山下優衣,田谷昭仁,戸辺義人(青山学院大学)
(2) 可視光通信を利用したIoTデバイス設定手法の検討
濵本時空,乃村能成(岡山大学大学院自然科学研究科)
(3) ビル空調システムにおけるVAVユニットの故障発見を支援するシステムの検討
松尾和樹,乃村能成(岡山大学大学院自然科学研究科),久保田常人(森ビル 株式会社),権藤建一(株式会社 ヘルヴェチア)
(4) ユーザの計画立案行動を監視するカレンダシステムの検討
中園武尊,乃村能成(岡山大学大学院自然科学研究科)

9/10 15:30-16:50 EIP 情報セキュリティおよびICT行政 座長: 金子格(名古屋市立大学)
(5) 民間企業におけるセキュリティ・クリアランスの研究
宇都田 賢一(情報セキュリティ大学院大学)
(6) ITサプライチェーンにおける業務委託リスクに関する考察
渡邊浩平,後藤厚宏(情報セキュリティ大学院大学)
(7) 公文書公開手続きにおける審査請求に関する一考察
中山泰一(電気通信大学)
(8) 自治体における公文書目録検索システムの現状と課題
本田正美(関東学院大学)

9/11 9:30-10:50 DPS オペレーティング・システム及び分散システム 座長: 廣森聡仁(大阪大学)
(9) VMMによるデバッグレジスタの読み出しと書き込みの隠蔽手法の提案
佐藤将也,谷口秀夫,仲村亮祐(岡山大学 大学院自然科学研究科)
(10) 入出力性能調整法の調整精度向上法
長尾尚(株式会社 日立製作所),田辺雅則(岡山大学大学院自然科学研究科),横山和俊(高知工科大学情報学群),谷口秀夫(岡山大学大学院自然科学研究科)
(11) 共生情報システム:自律・進化・持続可能な分散システムの提唱
藤田茂(千葉工業大学情報科学部),白鳥則郎(中央大学研究開発機構),滝雄太郎(千葉工業大学大学院情報科学研究科)
(12) UAV協調型センシングにおける巡回担当領域の分割を用いた移動制御について
神崎映光(島根大学学術研究院理工学系),坂本大河(島根大学総合理工学部)

9/11 11:00-12:00 EIP スマート社会および情報法 座長: 湯田恵美(東北大学)
(13) ITサービスへの信頼 〜新型コロナウィルス接触確認アプリに対する考察〜
神橋基博(情報セキュリティ大学院大学)
(14) 非均一ネットワーク内の感染検出システムの有効性
金子格(名古屋市立大学)
(15) Twitter上の警告表示とグッドサマリタン条項
小向太郎(中央大学)

9/11: 13:30-14:30 DPS ネットワーク制御 座長: 乃村能成(岡山大学)
(16) アクセス遷移予測に基づくスマートフォンWebプリフェッチの検討
田澤航樹,原道樹(青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻知能情報コース),田谷昭仁,戸辺義人(青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科)
(17) 遊休資源を活用したオンプレミス型CDNによる対外的なデータ通信量削減の提案
川戸聡也(鳥取大学/米子工業高等専門学校),東野正幸,高橋健一,川村尚生(鳥取大学)
(18) 屋内環境におけるスマートデバイスの多重化トポロジを用いた集約型自己組織化位置推定方式の精度検証と考察
川田千尋(関西大学大学院理工学研究科),北之馬貴正(関西大学 先端科学技術推進機構),滝沢泰久(関西大学環境都市工学部)

9/11 14:40-16:00 EIP 情報法 座長: 橋本誠志(徳島文理大学)
(19) Schrems II決定(CJEU Case C-311/18)後の欧米再交渉に向けての概観
板倉陽一郎(ひかり総合法律事務所弁護士,理研AIP客員主管研究員),寺田麻佑(国際基督教大学教養学部准教授,理研AIP客員研究員)
(20) Schrems II決定(CJEU Case C-311/18)後のドイツ関係機関の対応についての概観
寺田麻佑(国際基督教大学教養学部准教授,理研AIP客員研究員),板倉陽一郎(ひかり総合法律事務所弁護士,理研AIP客員主管研究員)
(21) 近年のAI倫理の形成と米国における社会運動
田中恵子(京都情報大学院大学)
(22) カリフォルニア州 データブローカー登録の分析
金子啓子(大阪経済大学)

* 発表申込締切: 8月11日(火) 23:59締切

* 入稿締切: 8月19日(水) 23:59締切
(最大8ページ,6ページ以上が望ましい)

* 申込方法:下記Webページよりお申し込みください.
+ DPS研究会発表申込 : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS/
+ EIP研究会発表申込 : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EIP/

* 照会先
+ DPS: 廣森聡仁(大阪大学) dps184[at]ipsjdps.org
+ EIP: 黒政敦史(富士通クラウドテクノロジーズ株式会社) kuromasa[at]fujitsu.com

※ [at] を @ に置き換えてください.

* 研究報告原稿ご作成については以下のURLをご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

DPS182/CSEC88 研究発表会(オンライン)

記事の分類: 

第182回 情報処理学会「マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)」
第88回 情報処理学会「コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)」
合同研究発表会(オンライン開催)

マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)およびコンピュータセキュリティ研究会(CSEC)は、
新型コロナウイルス感染症への対策として、2020年3月12日(木)〜13日(金)に
情報セキュリティ大学院大学(神奈川県横浜市)にて予定しておりました
第182回 情報処理学会「マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)」
第88回 情報処理学会「コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)」
合同研究発表会の現地開催を中止し、オンライン開催とすることといたしました。

現地開催の中止により、参加を予定されていた方々には多大なるご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。
またオンライン開催により、発表者、座長、聴講者のみなさまにご負担をおかけしますことを重ねてお詫びいたします。
ご賢察の上ご理解下さいますようお願い申し上げます。

更新履歴(新しい順)

  • オンラインプレゼンテーションと聴講についての案内を追記いたしました.(3/11 8:00)
  • 各セッションで用いるビデオ会議システム(Zoom)の URL を追記しました (3/10 9:50)
  • CSEC企画セッションのアジェンダを追記いたしました (3/4 11:00)
  • プログラムを公開いたしました (3/2 22:00)
  • 発表者の方々へのプレゼンテーション方法についてのアンケートを終了しました (3/2 18:00)
  • 本ページを公開しました.また,発表者の方々へのプレゼンテーション方法についてのアンケートを行いました (2/27 14:20)

■ 研究会の実施形態について

ビデオ会議システムを使用して、発表者、座長、聴講者が遠隔から参加する形態での実施となります。
当初予定の会場(情報セキュリティ大学院大学)では発表者によるプレゼンテーションは実施しませんのでご注意ください。

■ プレゼンテーションについて

発表者は、

  • 当日ビデオ会議システムを用いてオンラインプレゼンテーションする
  • 次回以降の研究会でプレゼンテーションする
  • プレゼンテーションしない(予稿集への掲載のみ)

のいずれかを選択できます。

プレゼンテーションの有無に関わらず、予稿集は発行されます(公知日は研究発表会開催初日の1週間前=3月5日)。
投稿された原稿については予稿集への掲載をもって発表という扱いとなります。

■ オンラインプレゼンテーション・聴講について

  • ビデオ会議システムZoomを用いたオンライン会議により、プログラムにしたがって開催します。
  • 原則としてZoomの画面共有機能により画面を共有しつつプレゼンテーションを行っていただきます。なお、オンラインプレゼンテーションは著作権法上の公衆送信にあたると考えられますので、共有されるスライドや映像・音声などのコンテンツは著作権上の問題のないものに限るようご留意下さい。
  • 下記に Zoom 上でのオンラインプレゼンテーションと聴講に関しての注意を取りまとめております.参加に際しご確認ください.
  • 円滑にZoomでの発表を進めていただくために,Zoomの利用について.事前の確認をお願いいたします。
    • Zoomを使うのが初めての方など、接続ができるか、音声がミュートになっているかの確認やミュートの解除、ならびに退室の操作といった基本的な確認については,Zoomのテスト会議室をご利用ください.詳細については,次のURLに示す「-ミーティングに参加する前にテストするにはどうすればよいですか-」をご確認ください.https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
    • また,研究会で利用する Zoom を前日の 3月11日(水) A会場 と B会場を開放いたしております.「画面共有ができている」、「音声が聞こえている」などの確認にご活用ください.画面共有は確認が済み次第共有解除するなど,お互いにテストしやすいようご配慮ください.
  • 聴講に際しては,特に,以下の点ご注意くださいますようお願いいたします.
    • 講演者の発表中は原則としてミュートの状態にし画像も送出しないで下さい。また聴講者が画面共有すると発表者の画面共有が停止されてしまいますので絶対に行わないで下さい。
    • 発表者に明示的に許可を得ていない限り、受信映像や発表資料の保存(画面キャプチャを含む)、録音、再配布は禁止です。
    • Zoomでのユーザ名(表示名)は「<[発表者]|[座長]|>氏名漢字(ふりがな)_所属」としてください.変更方法については,「Zoomを使った聴講・発表の簡易マニュアル」の「参加者と名前の変更」をご確認ください.

■ 参加費について

  • 発表者の方々には情報処理学会のマイページより参加費をお支払いいただきます(「オンラインプレゼンテーション」・「次回以降の研究会でプレゼンテーション」・「プレゼンテーションしない」に関わらず)。非会員の方にもマイページが用意されます。詳細は研究会初日までに学会より各発表者に直接ご連絡します。
  • 次回以降の研究会でのプレゼンテーションを選択された発表者の方については,プレゼンテーションを実施する回の研究会の参加費は徴収しません。
  • オンライン聴講者については(研究会登録会員・学会会員・非会員にかからわず)参加費は無料です。
  • 研究会登録会員以外で研究報告の論文を希望の方は、電子図書館(情報学広場)よりダウンロード(有料)してください。

■ プログラム

第182回 情報処理学会「マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)」
第88回 情報処理学会「コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)」合同研究発表会(オンライン開催)

主催:一般社団法人 情報処理学会(IPSJ) マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS),コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)
協力:独立行政法人 日本学術振興会 (JSPS) サイバーセキュリティ第192委員会
開催日:2020年3月12日(木)〜3月13日(金)

* オンライン会議URL
終了いたしました。

* 企画セッション
3月12日
16:00-17:00 B会場 招待講演 エッジコンピューティングにおけるセキュリティ課題分析 座長:田上 敦士(株式会社KDDI総合研究所)
(33) 岡田 和也(KDDI総合研究所/東京大学情報基盤センター)
3月13日
10:45-11:45 A会場 CSEC 研究倫理企画セッション
・開催の挨拶 (サイバーセキュリティ第192委員会 篠田陽一)
・CSS2019の振り返り (CSS2019研究倫理委員会 秋山満昭・島岡政基)
・CSECの今後の取り組み (CSEC 島岡政基)
・ディスカッション(参加者全体)

3月12日

9:30-10:50 A会場 CSEC 「リスク管理・評価」「仮想通貨」 座長:須賀 祐治(IIJ)
(2) サイバーセキュリティ教育・訓練の提言
内田 勝也(情報セキュリティ大学院大学)
(3) Consideration of Extreme Risks in Cyberspace using Systems Thinking
KIKUCHI MASATO,OKUBO TAKAO(Institute of Information Security)
(8) ZoKratesのドメイン固有言語に対するLispベースの拡張とVariant型の提案
岡 大貴,高野 祐輝,鄭 振牟,宮地 充子(大阪大学)
(9) Bitcoinサービス業者と利用者アドレスの種類の推定と評価
松本 寛輝(明治大学大学院先端数理科学研究科),井垣 秀星,菊池 浩明(明治大学総合数理学部)

9:30-10:50 B会場 CSEC 「データ保護」「設計」 座長:奥村 伸也(大阪大学)
(4) 履歴データの数理モデルの提案とk-匿名化に必要なダミーレコード数推定への応用
伊藤 聡志(明治大学大学院先端数理科学研究科),菊池 浩明(明治大学)
(6) Ring-LWEの定義体の拡張に関する研究
石村 隆晃(大阪大学工学部電子情報工学科),奥村 伸也,宮地 充子(大阪大学大学院工学研究科)
(10) 自動操船システムのゾーニングによるセキュリティアーキテクチャの提案
小林 英仁,松井 俊浩(情報セキュリティ大学院大学)

10:50-11:05 休憩

11:05-12:05 A会場 CSEC 運用・実装 座長:大東 俊博(東海大学)
(13) F*言語を用いたネットワークファンクションの設計と実装
細谷 昂平,高野 祐輝,宮地 充子(大阪大学)
(15) 民生用ドローンに対するセキュリティと安全性の調査と対策の提案
池 睦樹,大久保 隆夫(情報セキュリティ大学院大学)

11:05-12:05 B会場 DPS ネットワーク資源管理 座長:廣森 聡仁(大阪大学)
(16) MANET-NDNにおけるキャッシュ検証オーバヘッド削減手法に関する研究
柳谷 遼,重安 哲也(県立広島大学経営情報学部)
(17) 情報鮮度を考慮した優先データ中継手法の提案
歌原 省吾,重安 哲也(県立広島大学経営情報学部)
(18) RTTとState Machine Replicationの通信パターンに基づく広域SMRの応答時間最適なレプリカ配置決定手法とその応用
沼倉 正太,中村 純哉,大村 廉(豊橋技術科学大学)

12:05-13:30 昼休憩

13:30-14:30 A会場 CSEC 機械学習(1) 座長:披田野 清良(KDDI総合研究所)
(20) 機械学習を用いたCVEからCAPECへの関連付け手法の提案
鹿子木 健太,野寄 祐樹,鷲崎 弘宜,深澤 良彰(早稲田大学),小形 真平(信州大学),大久保 隆夫(情報セキュリティ大学院大学),加藤 岳久,鹿糠 秀行(日立製作所),櫨山
淳雄(東京学芸大学),吉岡 信和(国立情報学研究所)
(21) 深層学習モデルを用いたコマンドログに基づくユーザなりすまし検知
安達 貴洋,小澤 誠一(神戸大学),春木 博行(LINE株式会社)
(22) 分散機械学習における勾配の異常検知を用いたブロックチェーンシステムの提案とその実現性の評価
長友 誠(神奈川工科大学),油田 健太郎,岡崎 直宣(宮崎大学),朴 美蘭(神奈川工科大学)

13:30-14:30 B会場 DPS ソーシャルメディア 座長:平山 秀昭(目白大学)
(23) ソーシャルメディアに基づいた訪日外国人へのパーソナライズされたイベント情報提供の最適化ルートの推薦
今井 美希(お茶の水女子大学),工藤 瑠璃子,榎 美紀(IBM Research - Tokyo),小口 正人(お茶の水女子大学)
(24) 多数決に基づくSNS投稿の信憑性評価に関する一考察
クルボノヴ ウルグベク,小泉 佑揮,長谷川 亨(大阪大学),西垣 正勝,大木 哲史(静岡大学),河辺 義信(愛知工業大学)
(25) 救助要請抽出のための災害時ツイートの解析
山根 有輝也,小泉 佑揮,長谷川 亨(大阪大学 大学院情報科学研究科)

14:30-14:45 休憩

14:45-15:45 A会場 CSEC IoT・モバイル 座長:松井 俊浩(情報セキュリティ大学院大学)
(26) SIMによるプライベートストレージを用いたパスワード管理アプリの実装と評価
成田 彩織(玉川大学),磯原 隆将,窪田 歩(KDDI総合研究所),山﨑 徳和(玉川大学)
(27) IoTデバイス向けの制御フローベース遠隔認証手法の軽量化の検討
吉野 貴史,掛井 将平(名古屋工業大学),瀧本 栄二,毛利 公一(立命館大学),齋藤 彰一(名古屋工業大学)
(28) IoTの安全性向上のためのOSセキュリティ機能調査
松下 意悟,鄭 俊俊(立命館大学),藤松 由里恵,金井 遵(株式会社 東芝),毛利 公一(立命館大学)

14:45-15:45 B会場 DPS 状況推定 座長:藤本 まなと(奈良先端科学技術大学院大学)
(30) ウェアラブル端末により検知した心拍数変動に基づくストレス推定
鈴木 伊織(東邦大学大学院理学研究科),佐藤 文明(東邦大学理学部)
(32) IR-UWBを用いた自己組織化ノード位置推定方式における改良アルゴリズムとその精度改善効果
森 流星(関西大学大学院理工学研究科),北之馬 貴正(関西大学先端科学技術推進機構),川田 千尋(関西大学大学院理工学研究科),滝沢 泰久(関西大学環境都市工学部)

15:45-16:00 休憩

16:00-17:00 B会場 招待講演 エッジコンピューティングにおけるセキュリティ課題分析 座長:田上 敦士(株式会社KDDI総合研究所)
(33) 岡田 和也(KDDI総合研究所/東京大学情報基盤センター)

3月13日

9:50-10:30 A会場 CSEC リスク分析・管理 座長:稲葉 緑(情報セキュリティ大学院大学)
(35) 複数のSNSアカウント利用時における意図しない個人特定に関する要因分析
田崎 洋祐,稲葉 緑(情報セキュリティ大学院大学)
(37) サブスクリプション型 ITサービス提供におけるセキュリティリスクコミュニケーション
藤井 みゆき,稲葉 緑(情報セキュリティ大学院大学)

9:50-10:30 B会場 CSEC マルウェア分析 座長:橋本 正樹(情報セキュリティ大学院大学)
(40) リダイレクトの追跡による悪性Webページアクセス事例分析
嶌田 一郎,太田 敏史(株式会社構造計画研究所),白石 訓裕,中嶋 淳(株式会社セキュアブレイン),田中 翔真,山田 明(株式会社KDDI総合研究所),高橋 健志(国立研究開発法
人情報通信研究機構)
(41) 偽ショッピングサイトを起点とする攻撃の実態調査
小寺 博和(NTT セキュアプラットフォーム研究所),小出 駿(NTT セキュアプラットフォーム研究所/横浜国立大学),千葉 大紀,青木 一史,秋山 満昭(NTT セキュアプラットフ
ォーム研究所)

10:30-10:45 休憩

10:45-11:45 A会場 CSEC 研究倫理企画セッション
・開催の挨拶 (サイバーセキュリティ第192委員会 篠田陽一)
・CSS2019の振り返り (CSS2019研究倫理委員会 秋山満昭・島岡政基)
・CSECの今後の取り組み (CSEC 島岡政基)
・ディスカッション(参加者全体)

11:45-12:45 昼休憩

12:45-13:45 A会場 CSEC 認証 座長:土井 洋(情報セキュリティ大学院大学)
(43) 外国人被疑者取調べにおける通訳システムの機能の拡張
脇田 和宏,佐々木 良一(東京電機大学)
(44) 視線軌跡描画における注視とサッケードの特徴を用いた個人認証手法の検討
藤本 巧海,渡辺 泰伎(公立はこだて未来大学大学院システム情報科学研究科),白石 陽(公立はこだて未来大学システム情報科学部)
(45) スマートロックのためのドアノック型個人認証方式の精度向上に関する検討
中鉢 かける(公立はこだて未来大学大学院 システム情報科学研究科),中村 嘉隆,稲村 浩(公立はこだて未来大学 システム情報科学部)

12:45-13:45 B会場 DPS 生活支援 座長:中挾 晃介(鉄道総合技術研究所)
(47) 室内栽培システムにおける強化学習を用いた栽培手法の提案
髙田 裕也,中沢 実,西川 幸延(金沢工業大学)
(48) 医師のワークライフバランスを改善する勤務割当て手法の提案
岩本 尚己(岡山大学工学部情報系学科),後藤 佑介(岡山大学大学院自然科学研究科),酒井 晃二,田添 潤,三浦 寛司,小原 雄(京都府立医科大学大学院放射線診断治療学講座),内山 彰(大阪大学大学院情報科学研究科),乃村 能成(岡山大学大学院自然科学研究科)
(49) Web of Thingsを利用したTrigger-Action Programming環境における不適切なルール実行の防止手法の検討
村上 恒,掛井 将平,齋藤 彰一(名古屋工業大学)

13:45-14:00 休憩

14:00-15:20 A会場 CSEC 機械学習(2) 座長:森 達哉(情報セキュリティ大学院大学)
(50) 深層強化学習によるPost-Exploitationの自動化
前田 龍星,三村 守(防衛大学校)
(51) 機械学習を悪用する未知のマクロマルウェアの脅威
山本 理紗,三村 守(防衛大学校)
(52) スロースキャン攻撃検知のための特徴量の提案
山下 智也,宮本 大輔,関谷 勇司,中村 宏(東京大学大学院情報理工学系研究科)
(53) 深層学習モデルを用いたURLに着目したアクセスログ内の悪性Webサイト探索
前橋 祐斗,小澤 誠一(神戸大学),山田 明(KDDI総合研究所)

14:00-15:20 B会場 DPS 分散処理 座長:寺西 裕一(情報通信研究機構)
(55) OSの自動インストール設定の対話型作成と統一記法
小山 智之,串田 高幸(東京工科大学)
(56) クラウドとIoTの統合におけるセンサーデータ分散管理方法
高木 優希,串田 高幸(東京工科大学)
(57) データの安全性を確保する災害対応型分散バックアップシステム
飯島 貴政,串田 高幸(東京工科大学)

15:20-15:35 休憩

15:35-16:35 A会場 CSEC 行動分析 座長:大久保 隆夫(情報セキュリティ大学院大学)
(59) Securing Google Maps : 人の流れを考慮した安全な移動経路の提案と検証
成田 惇,菅沼 弥生(静岡大学),関 聡明,緑川 耀一(ソフトバンク株式会社),西垣 正勝(静岡大学),吉井 英樹(ソフトバンク株式会社),大木 哲史(静岡大学)
(60) 背景知識に基づいて非等長の移動履歴から個人を特定するベイズモデルの提案と評価
松本 瞬,大岡 拓斗,市野 将嗣(電気通信大学大学院),緑川 耀一,吉井 英樹(ソフトバンク株式会社),吉浦 裕(電気通信大学大学院)
(61) 個人間の信頼と不信頼を動的に更新するフェイクニュースの伝搬モデルの提案
由川 拳都(電気通信大学情報理工学研究科),阿波 拓海,草野 理沙(電気通信大学情報理工学域),市野 正嗣,吉浦 裕(電気通信大学情報理工学研究科)

15:35-16:35 B会場 DPS ネットワーク制御 座長:串田 高幸(東京工科大学)
(62) eBPFによるMAC層ループ対策
野呂 正明,高野 陽介,小口 直樹(富士通研究所),阿部 俊二(国立情報学研究所)
(63) TCP を標的とした Low-rate DDoS 攻撃における正常トラフィックを用いた攻撃レート削減の検討
髙橋 佑太(公立はこだて未来大学大学院 システム情報科学研究科),稲村 浩,中村 嘉隆(公立はこだて未来大学 システム情報科学部)
(64) 深層学習を用いた無線LAN通信時のパケットの移動平均の解析に基づくスループットの予測による輻輳の事前発見
山本 葵(お茶の水女子大学),山口 実靖(工学院大学),神山 剛(九州大学),小口 正人(お茶の水女子大学)

予稿集への掲載
本研究発表会ではプレゼンテーションしない(次回以降の研究発表会でプレゼンテーションする)
(1) 中小企業にNIST SP800-171準拠を求めた場合の課題と解決策
中川 哲,後藤 厚宏(情報セキュリティ大学院大学)
(5) 誤り訂正符号に基づく偽装QRコードの検出手法の提案
大東 俊博,川口 宗也,小林 海,木村 隼人,鈴木 達也,岡部 大地,石橋 拓哉,山本 宙(東海大学),乾 真季,宮本 亮,古川 和快,伊豆 哲也(富士通研究所)
(7) 暗号資産のセキュリティに関する研究動向と課題
井上 紫織,宇根 正志(日本銀行金融研究所情報技術研究センター)
(11) エッジコンピューティングにおけるネットワーク要件に関する一考察
岡田 和也(東京大学 情報基盤センター),阿部 博(トヨタ自動車株式会社)
(12) 運用を考慮したセキュリティ要求分析手法の提案
小西 慶浩,大久保 隆夫(情報セキュリティ大学院大学)
(14) 準パススルー型ハイパーバイザーを用いた時系列メモリデータ取得機能の試作と評価
大森 貴通,稲垣 怜,平野 学(豊田工業高等専門学校),小林 良太郎(工学院大学)
(19) ストレージアクセスパターンに着目した機械学習及び深層学習によるランサムウェアの検知手法の検討
程田 凌羽,今泉 大慈郎,平野 学(豊田工業高等専門学校),小林 良太郎(工学院大学)
(29) スマート家電に適したPKIの運用方法の考察
山川 大貴(立命館大学大学院 情報理工学研究科),上原 哲太郎(立命館大学 情報理工学部),猪俣 敦夫(立命館大学 総合科学技術研究機構/大阪大学)
(31) 床に固定した複数の加速度センサの歩行センシングによる履物と人物の推定
林田 望海(大阪府立大学 工学域 電気電子系学類 情報工学課程),勝間 亮(大阪府立大学 工学研究科 知能情報分野 第5グループ並列分散処理研究室)
(34) 情報セキュリティ教育の効果に対する教育項目および方法の影響
萩谷 文,稲葉 緑(情報セキュリティ大学院大学)
(36) テレビ視聴ロボット用外部クラウドインターフェースにおけるセキュリティ対策
村崎 康博,星 祐太,萩尾 勇太,上村 真利奈,金子 豊,山本 正男(NHK技研)
(38) 脆弱性データベースを使用した脅威分析方法-LDA分類器とコサイン類似度を用いたトピックモデル分析による攻撃事例と大規模脆弱性DBの突合について-
小柳 洋貴(湘南工科大学),寳木 和夫,三科 雄介(産業技術総合研究所サイバーフィジカルセキュリティ研究センター),梅澤 克之(湘南工科大学)
(39) 攻撃シナリオに基づく感染範囲推定方式の提案
内藤 久詞,西川 弘毅,河内 清人(三菱電機株式会社)
(42) 認証プロトコルにおける無証拠性と耐強制性に関する一考察
上繁 義史(長崎大学)
(46) 放送と連携可能なカレンダーアプリケーションの開発と評価
大亦 寿之,佐藤 壮一,藤津 智,藤井 亜里砂,藤沢 寛(日本放送協会),下花 剛一(株式会社ジョルテ)
(54) アプリケーション処理連接基盤におけるネットワーク・計算資源管理機構
林 和輝,渡邊 大記,佐藤 友範,近藤 賢郎(慶應義塾大学大学院理工学研究科),寺岡 文男(慶應義塾大学理工学部)
(58) 攻撃者の属性情報を用いた不正アクセスの分析
邦本 理夫(株式会社セキュアブレイン / 情報セキュリティ大学院大学),大久保 隆夫(情報セキュリティ大学院大学)

第183回DPS研究発表会

記事の分類: 

-------------------------------------------------------------------------
第183回IPSJ-DPS研究会,第95回IPSJ-MBL研究会,第81回IPSJ-ITS研究会
合同研究発表会のお知らせ
-------------------------------------------------------------------------

2020年5月28日(木)に,DPS研究会,MBL研究会,ITS研究会の合同研究会をオ
ンライン開催いたします.本研究会は,当初,沖縄県石垣市での開催を予定いた
しておりましたが,現地開催を中止しております.現地開催の中止により,参加
を予定されていた方々には多大なるご迷惑をおかけすることとなり,大変申し訳
ございません.

本研究会は ,ビデオ会議システム Zoom を利用いたします.従来の研究会と同
様に,研究会登録会員は追加の参加費用は必要ございません.ご参加のほどお待
ちいたしております.参加方法については下記をご参考に手続きくださいますよ
うお願いいたします.

・日程
2020年5月28日(木)

・参加方法

下記のページの申込方法から参加手続きいただけますようお願いいたします.
参加手続き後,ビデオ会議システム Zoom と研究報告についての案内がメールに
て送られます.

https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/dps183mbl95its81.html

・プログラム
【5月28日 (木)】
13:00–14:15 セッション1

1) [ITS] Non-Negative Tensor Factrizationを用いたドックレスマイクロモビリティの利用形態分類手法の検討
○牛島 秀暢(東大),青木 俊介(カーネギーメロン大), 西山 勇毅, 瀬崎 薫(東大)

2) [DPS] 複合センサを用いた屋内環境における行動認識に関する提案と実装
○中沢 実,小島 聖哉,西川 幸延,阿部 倫之(金沢工大)

3) [ITS] レベル3自動運転における運転権限移譲時の覚醒判断手法
森田 一成,橋本 優汰,中屋 拓海,○清原 良三(神奈川工科大)

14:15–14:25 休憩

14:25–15:40 セッション2

4) [ITS] 電気自動車のゼロエミッション運用におけるCO2排出量削減効果の検証
○永井 悠人(神奈川工科大),齋藤 正史(金沢工大),清原 良三(神奈川工科大)

5) [DPS182-46] 放送と連携可能なカレンダーアプリケーションの開発と評価
○大亦 寿之,佐藤 壮一,藤津 智,藤井 亜里砂,藤沢 寛(日本放送協会),下花 剛一(株式会社ジョルテ)

6) [MBL94-12] RSSIを用いた制御フレーム検知によるCSMA/CAの高効率化に関する一検討
○梅澤 良斗,吉廣 卓哉 (和歌山大学)

・発表申込締切: 2020年4月9日(木) 23:59

・原稿提出締切 (IPSJ): 2020年4月23日(木) 23:59
+ 原稿仕上がり枚数は,原則として最大8ページ,
 6ページ以上が望ましいとさせて頂きます.
+ 原稿提出締切の延長は一切できませんのでご了承ください.
 (締切後は原稿の差替え/取下げもできません)

・申込方法
下記Webページよりお申し込みください.
+ MBL研究会発表申込みはこちら:?https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MBL
+ DPS研究会発表申込みはこちら:?https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS
+ ITS研究会発表申込みはこちら:?https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/ITS

* 照会先: [at]は@に置き換えてください.
+ MBL担当者: 梶 克彦 (愛知工大) mbl95[at]mbl.ipsj.or.jp
+ DPS担当者: 廣森 聡仁 (阪大) dps183[at]ipsjdps.org
+ ITS担当者: 石田 繁巳 (九大),石原 進 (静岡大) its81[at]ishilab.net

第182回DPS研究発表会

記事の分類: 

第88回 情報処理学会「コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)」
第182回 情報処理学会「マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)」
合同研究発表会


マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)およびコンピュータセキュリティ研究会(CSEC)は、
新型コロナウイルス感染症への対策として、2020年3月12日(木)〜13日(金)に
情報セキュリティ大学院大学(神奈川県横浜市)にて予定しておりました
第182回 情報処理学会「マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)」
第88回 情報処理学会「コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)」
合同研究発表会の現地開催を中止し、オンライン開催とすることといたしました。
詳細については以下をご参照ください.

DPS182/CSEC88 研究発表会(オンライン)

       合同研究発表会開催のご案内・投稿の募集

===================================================================

■日時・会場
 日時:2020年3月12日(木)~3月13日(金)
 会場:今回はオンライン開催となりました.当初予定していた会場(情報セキュリティ大学院大学)では開催されませんのでご注意ください.

■発表申込締切
 2020年2月5日(水) 23:59(日本時間)
 (お断り)
 例年多数のお申込をいただきありがとうございます.
 プログラム編成の都合上,申込多数の場合は,申込締切日を切り上げ,
 あるいは,申込をお断りさせていただく場合がございます.

■原稿締切
2020年2月19日(水) 23:59(日本時間)
 後日,学会事務局からカメラレディ提出の詳細についてご案内いたします.
 原稿締切の延長は一切できませんのでご了承ください.

■申込方法(申し込みページの作成が必要)
 下記Webページよりお申し込みください.
 CSEC研究会発表申込みはこちら:https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=CSEC
 DPS研究会発表申込みはこちら:https://ipsj1.i-product.biz/cgi-bin/ipsjsig/menu_jp.cgi?sig_div=DPS

■懇親会
現地開催の中止に伴い,懇親会も中止となりました.お申込みいただいた方々,ご注意ください.

■原稿に関する留意点
 原稿仕上がり枚数は、原則として最大8ページ、6ページ以上が望ましいとさせて頂きます。
 研究報告用PDF原稿等は申し込みページでご提出ください。

■研究会推薦論文制度のご紹介
 DPS/CSEC研究会では,研究発表会にて発表された優れた論文を,研究会推薦論文
 として情報処理学会論文誌への掲載推薦を行っています.ぜひこの制度を活用して,
 論文化を進めてください.
 http://www.ipsj.or.jp/journal/proposal/recommend.html

■照会先
 CSEC研究会:稲葉 緑 (情報セキュリティ大学院大学)  csec3cfp[at]sdl.hitachi.co.jp
 DPS研究会:廣森 聡仁 (大阪大学) dps182[at]ipsjdps.org
 ※[at]を@に置き換えてください.

** 参考
発表申し込みをいただきました方には,後日学会事務局から原稿の依頼ををさ
せていただきます.なお,2012年度より,原稿が縦長スタイルに変わっていま
すのでご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
原稿仕上がり枚数は,原則として最大8ページ,6ページ以上を推奨いたしてお
ります.研究報告用PDF原稿等は,上記の発表申込ページからご提出ください.

** 注意事項
研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の1週間前
に情報処理学会電子図書館に掲載されます.そのため,研究報 告に掲載され
る論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の1週間前となります.特許申請
の扱い等の際にはご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html

第181回DPS研究発表会

記事の分類: 

第181回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)研究発表会
+ 主査: 田上 敦士 (KDDI総合研究所)
+ 幹事: 野呂 正明 (富士通研究所),鈴木 理基 (KDDI総合研究所),廣森 聡仁 (大阪大学),
寺西 裕一 (情報通信研究機構),中沢 実 (金沢工業大学)

+ 会場担当: 菅沼 拓夫 (東北大学)

表記の研究発表会を下記のとおり予定しております.
奮ってご応募のほどよろしくお願い申し上げます.

■■■■■ 御注意ください ■■■■■
+ 参加者は会場となる宿への宿泊が原則 *必須* となります.
この点が通常の研究発表会とは異なりますので,ご注意ください.
+ 通常御案内差し上げている発表申込とは *別に* 参加申込が必要となります.
+ 発表申込,参加申込とも基本的に先着順で,上限に達した場合は,お断り
させていただくこともございます.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  記

** 日時・会場
+ 日時: 2019年12月26日(木) から 12月27日(金)
+ 場所: アクティブリゾーツ 宮城蔵王
〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字鬼石原1-1
+ 会場情報: https://www.daiwaresort.jp/zaou/index.html

** DPS181 プログラム(1件20分)

第1日 12月26日(木)

14:00〜15:20 動画像配信及び解析技術 座長:金井 敦(法政大学)
(1) 放送通信融合環境における端末伝送型ストリーミング配信を用いた再生中断時間短縮手法
○高原 颯人,後藤 佑介(岡山大学大学院自然科学研究科)
(2) スポーツイベントのライブストリーミングにおける多段強化学習に基づく映像品質制御手法の設計
○生出 真人(東北大学大学院情報科学研究科),阿部 亨,菅沼 拓夫(東北大学サイバーサイエンスセンター/東北大学大学院情報科学研究科)
(3) An Implementation of Surveillance Systems with Dynamic Transaction Intervals under PQI Approach
○Yukonhiatou Chaxiong,Yoshihisa Tomoki(Osaka University),Kawakami Tomoya(Nara Institute of Science and Technology),Teranishi Yuuichi(National Institute of Information and Communications Technology),Shimojo Shinji(Osaka University)
(4) 畳み込みニューラルネットワークにおける Octave Convolution のパラメータ数削減手法の提案
○井上 勇,後藤 佑介(岡山大学大学院自然科学研究科)

15:30〜16:10 セキュリティ 座長:今井 信太郎(岩手県立大学)
(5) WordPressにおけるプラグイン透過なSQLインジェクション防御策の提案
向佐 裕貴,中村 章人(会津大学)
(6) 隣接関係の解析を用いた位置検証に関する一考察
笹沼 涼介,小泉 佑揮,長谷川 亨(大阪大学 大学院情報科学研究科)

16:20〜17:00 ライトニングトーク 座長:田上 敦士(株式会社KDDI総合研究所)
* BLEを用いたバリスタアイと各種デバイスの接続の実装と効果 
中沢 実 (金沢工業大学),島川 基 (ネスレ)
* 地方都市における公共交通利用の課題
清原 良三 (神奈川工科大学)

第2日 12月27日(金)

9:00〜10:00 行動認識 座長:後藤 佑介(岡山大学)
(7) Improving the Efficiency of Multiple Object Tracking via Adaptive Tracker Selection Suitable to Occlusion States
陳 勃(東北大学大学院情報科学研究科 菅沼・阿部研究室),アムリザル ムハマド アルフィアン(東北大学電気通信研究所),和泉 諭(東北大学大学院情報科学研究科),阿部 亨,菅沼 拓夫(東北大学サイバーサイエンスセンター/大学院情報科学研究科)
(8) 高齢者の対話型コミュニケーション状況把握のための行動認識センサの設計
伊藤 優樹,上野 正義(東北大学大学院情報科学研究科),高橋 大夢,千葉 慎二(仙台高等専門学校),阿部 亨,菅沼 拓夫(東北大学サイバーサイエンスセンター/東北大学大学院情報科学研究科)
(9) A Flexible Method of Customer Activities Recognition in Retail Store
温 佳昊(東北大学大学院情報科学研究科 菅沼・阿部研究室),アムリザル ムハマド アルフィアン(東北大学電気通信研究所),阿部 亨,菅沼 拓夫(東北大学サイバーサイエンスセンター/大学院情報科学研究科)

10:10〜11:50 行動支援 座長:廣森 聡仁(大阪大学)
(10) 買い物を促す商品推薦手法
坂野 千帆,金井 敦(法政大学大学院理工学研究科)
(11) 自転車競技トレーニングシステムのための咬合力センサの開発
佐藤 永欣(岩手県立大学),田邉 憲昌(岩手医科大学),佐々木 毅(TKRマニュファクチャリング・ジャパン株式会社),檜山 稔(有限会社ホロニック・システムズ),浅沼 和彦(株式会社東北パワージェクト),猿舘 貢(岩手県立紫波総合高等学校),佐藤 清忠(岩手県盛岡広域振興局)
(12) 視線検知を利用した運転権限移譲判断手法
森田 一成,清原 良三(神奈川工科大学)
(13) 複合現実感技術を用いた家電制御における家電登録作業の効率化手法の提案
小原 和也,今井 信太郎(岩手県立大学)
(14) CTガイド下穿刺補助システムにおける位置情報推定手法の提案
福間 健太,後藤 佑介(岡山大学大学院自然科学研究科),酒井 晃二,増井 浩二(京都府立医科大学大学院放射線診断治療学講座)

** テーマ
マルチメディア,分散処理,ネットワークサービス基盤に関連した領域全般,
および,それらのアプリケーション一般

** 発表申込締切
2019年11月29日(金) 23:59 締切 (延長しました)

** 参加申込締切
2019年11月29日(金) 23:59 締切

** 最終原稿締切
2019年12月3日(火) 23:59 締切

** 発表申込方法
下記発表申し込みページよりお申し込みください.
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS/
(参加登録も忘れずにお願いします.下記に,参加受付方法をご案内いたします.)

** 参加申込方法
下記参加申し込みページよりお申し込みください.
https://forms.gle/uSWpM2S6GNwqvNfS8

** 宿泊に関する備考
+ 原則,1泊1人 10,000 円 (4人部屋) を予定しております.
+ 部屋割の都合上,宿泊費が若干割高となる2人部屋への割当をお願いさせ
ていただくこともございます.
+ 一部喫煙コーナーがありますが,客室は全室禁煙です.

** 二次会
12月26日(木)に二次会を予定しております.奮ってご参加ください.
(参加費:教員3,000円、学生無料)

** 照会先
+ 担当: 廣森 聡仁 (大阪大)
dps181[at]ipsjdps.org
※[at]を@に置き換えてください.

** 参考
発表申し込みをいただきました方には,後日学会事務局から原稿の依頼ををさ
せていただきます.なお,2012年度より,原稿が縦長スタイルに変わっていま
すのでご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
原稿仕上がり枚数は,原則として最大8ページ,6ページ以上を推奨いたしてお
ります.研究報告用PDF原稿等は,上記の発表申込ページからご提出ください.

** 注意事項
研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の1週間前
に情報処理学会電子図書館に掲載されます.そのため,研究報 告に掲載され
る論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の1週間前となります.特許申請
の扱い等の際にはご注意ください.詳細については以下のURLをご参照ください.
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html

** ライトニングトーク
本研究会では企画セッションとして、<a href="https://www.ipsjdps.org/node/229">ライトニングトークセッション</a>を企画しています。
そちらへの参加の検討もお願いいたします

第180回DPS研究発表会

記事の分類: 

* 第180回 マルチメディア通信と分散処理研究会(DPS)
+ 主査: 田上 敦士 (KDDI総合研究所)
+ 幹事: 野呂 正明 (富士通研究所),鈴木 理基 (KDDI総合研究所),廣森 聡仁 (大阪大学),
寺西 裕一 (情報通信研究機構),中沢 実 (金沢工業大学)

* 第85回 電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)
+ 主査: 原田要之助 (情報セキュリティ大学院大)
+ 幹事: 吉見憲二(佛教大),橋本誠志(徳島文理大),
折田明子(関東学院大),小向太郎(日本大),湯田恵美(東北大)

表記の合同研究発表会を下記のとおり予定しております.
奮ってご応募のほどよろしくお願い申し上げます.

* 日時: 2019年9月19日(木)-20日(金)

* 場所: 石川県政記念しいのき迎賓館 セミナールームB
    〒920-0962 石川県金沢市広坂2-1-1
http://www.shiinoki-geihinkan.jp/event/index.cgi

* 懇親会:
- 日時:9月19日(木)19:00~
- 会費:お一人様6,500円程度 (飲み放題コース)
- 場所:能登ダイニング ごっつお (https://www.hotpepper.jp/strJ000034175/)
-- 石川県金沢市片町2-23-5 パルシェ片町2F
- 申込手続き(9月13日まで):https://forms.gle/Nc5qdReDSzzaaepv8

* プログラム

DPS180/EIP85 プログラム(1件20分)
第1日 9月19日(木)
13:30~14:15 医療と情報 座長:橋本 誠志(徳島文理大学)
(1) 心拍および身体加速度信号による個人識別と推定可能性
 〇湯田恵美(東北大学),吉田 豊(名古屋市立大学),坂野 弘幸(名古屋市立大学),金子 格(名古屋市立大学),早野順一郎(名古屋市立大学)
(2) ホルター心電計の内蔵加速度センサを用いた活動推定の改良と個人情報保護に関する考察
 〇金子 格(名古屋市立大学),湯田恵美(東北大学),吉田 豊(名古屋市立大学)

14:20~15:40 個人情報 座長:黒政 敦史(富士通クラウドテクノロジーズ)
(3)個人情報の利用目的のシステム実装を最適化する内包的枠組み ~NTT ドコモのプライバシーポリシー再編への適用~
 〇間形 文彦(NTTセキュアプラットフォーム研究所),藤村 明子(NTTセキュアプラットフォーム研究所),亀石久美子(NTTセキュアプラットフォーム研究所),加藤 俊介(株式会社NTTドコモデジタルマーケティング推進部),板倉陽一郎(弁護士・ひかり総合法律事務所)
(4) EUにおけるプラットフォーム規制の現状と課題
 〇寺田 麻佑(国際基督教大学/理研AIP),板倉陽一郎(弁護士・ひかり総合法律事務所/理研AIP)
(5)カリフォルニア州消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act of 2018)施行前改正の現状と展望
板倉陽一郎(弁護士・ひかり総合法律事務所/理研AIP),〇寺田 麻佑(国際基督教大学/理研AIP)
(6)災害と名簿~倉敷市真備地区の事例から~
〇加藤 尚徳(株式会社KDDI総合研究所/理研AIP),神原 咲子(高知県立大学),岡本 正(銀座パートナーズ法律事務所),鈴木 正朝(新潟大学/理研AIP),村上 陽亮(株式会社KDDI総合研究所)

15:50~17:30 地理空間サービスとアプリケーション 座長:赤木 文彦(富士通)
(7)点群及び画像データに基づく中山間地域における道路インフラ状態推定手法の検討
廣森 聡仁,山口 弘純,東野 輝夫(大阪大学 大学院情報科学研究科)
(8)屋内環境におけるスマートデバイスの多重化情報を用いた集約型自己組織化位置推定方式とその実装評価
川田 千尋(関西大学大学院理工学研究科),北之馬 貴正(関西大学先端科学技術推進機構),新居 英志,森 流星(関西大学大学院理工学研究科),滝沢 泰久(関西大学環境都市工学部)
(9)災害情報のリツイート傾向に基づいたアクティブユーザのグループ化と評価
佐藤 洸太朗,阿部 倫之(金沢工業大学 工学部)
(10) "デジタル寺院'': 設計と開発へ向けて
藤田 茂(千葉工業大学情報科学部),樋地 正浩(東北大学大学院経済学研究科),滝 雄太郎(千葉工業大学大学院情報科学研究科),宮西 洋太郎(株式会社アイエスイーエム),角田 篤泰(中央大学国際情報学部),菅原 研次(千葉工業大学情報科学部),白鳥 則郎(中央大学研究開発機構)
(11)ロボットサービスシナリオを用いた人と機械の信頼関係構築フレームワークの有効性検証
赤羽根 里奈,菊田 佳恵,伊東 風弥,加藤 由花(東京女子大学)

17:40~18:00 DPS主査企画セッション「ライトニングトークセッション」
座長:田上 敦士(株式会社KDDI総合研究所)
- 大規模エッジデータ収集・配信のための構造化オーバレイネットワーク / 寺西裕一 (NICT/大阪大学)
- 移動困難な山岳間におけるドローン輸送の利活用について / 小川裕生 (金沢工業大学)
- テキストと視覚情報を考慮した学術論文の自動要約 / 佐藤照大 (金沢工業大学)
- 脳波を含む生体情報を用いた拡張現実の世界 / 中沢実 (金沢工業大学)

19:00〜 懇親会
・場所:能登ダイニング ごっつお (https://www.hotpepper.jp/strJ000034175/)
石川県金沢市片町2-23-5 パルシェ片町2F
・会費:お一人様6,500円程度 (飲み放題コース)
・申込:https://forms.gle/Nc5qdReDSzzaaepv8

第2日 9月20日(金)
9:00~10:00 社会基盤 座長:湯田 恵美(東北大学)
(12)ペーパレス社会における学会の破産と知的成果のサステナビリティに関する一考察
 〇橋本 誠志(徳島文理大学)
(13)アジャイル開発のための準委任契約制度設計と課題
 〇秦泉寺久美(NTT),神 明夫(NTT),夏川 勝行(NTT)
(14)天気データを活用した物量予測技術の開発
〇太田 延之(株式会社日立製作所),平山 淳一(株式会社日立製作所),荒 宏視(株式会社日立製作所),山元 龍(株式会社日立物流)

10:10~11:10 無線・センサネットワーク 座長:廣森 聡仁(大阪大学)
(15) 異種無線多重MIMO チャネル動的構成方式の共有アンテナ分配における分配振動の抑制と分配探索時間の削減
奥本 裕介(関西大学大学院理工学研究科),滝沢 泰久(関西大学環境都市工学部)
(16)ノイズ環境下における移動センシングクラスタの群制御改良方式
新居 英志(関西大学理工学研究科),西上 翔磨(関西大学環境都市工学部),北之馬 貴正(関西大学先端科学技術推進機構),四方 博之(関西大学システム理工学部),滝沢 泰久(関西大学環境都市工学部)
(17) 無線センサネットワークの協調的改ざん検知に基づく多数決型不正ノード孤立化手法の提案
木村 圭希,新居 英志(関西大学大学院 理工学研究科),滝沢 泰久(関西大学 2環境都市工学部)

11:20〜12:20 業務支援・プラットフォーム 座長:杉木 章義(北海道大学)
(18) 5Gコアネットワーク向けアプリケーション処理連接基盤
佐藤 友範,渡邊 大記,林 和輝,近藤 賢郎(慶應義塾大学大学院理工学研究科),寺岡 文男(慶應義塾大学理工学部)
(19)コンピュータが有するストレージの余剰容量を分散ストレージとして活用する試み
川戸 聡也(鳥取大学/米子工業高等専門学校),東野 正幸,高橋 健一,川村 尚生(鳥取大学)
(20)作業を代表するフォルダの推定による仮想フォルダ生成システムの提案
西 良太,乃村 能成(岡山大学大学院自然科学研究科)

(21)EIP企画セッション 「IT社会に適した社会基盤のあり方」 13:30~15:00
原田 要之助(情報セキュリティ大学院大学),田中 俊介(NTTデータ)
小向 太郎(日本大学),須川 賢洋(新潟大学)

15:10~15:50 ソーシャルメディア/オープンデータ 座長:須川 賢洋(新潟大学)
(22)ソーシャルメディアの日常利用とその死後の扱いについて:日米仏比較調査より
 〇折田 明子(関東学院大学),湯淺 墾道(情報セキュリティ大学院大学)
(23) 自治体におけるオープンデータ実施の阻害要因
 〇本田 正美(東京工業大学)

* テーマ: 情報セキュリティ,知的財産,著作権,プライバシー,
人と技術,IoT,Society 5.0 及びこれらの
技術の社会的側面,IT社会問題一般
(企画セッションの内容につきましては、決まり次第更新します.)

* 発表申込締切: 8月9日(金) 23:59締切

* 登壇の発表だけでなく,ポスターによる発表も受け付けています
研究会への連絡事項欄に「ポスター希望」とご記載下さい.

* 入稿締切: 8月27日(火) 23:59締切
(最大8ページ,6ページ以上が望ましい)

* 申込方法:下記Webページよりお申し込みください.
+ DPS研究会発表申込 : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/DPS/
+ EIP研究会発表申込 : https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/EIP/

* 照会先
+ DPS: 廣森聡仁(大阪大学) dps180[at]ipsjdps.org
+ EIP: 橋本誠志(徳島文理大学) shashimo[at]nifty.com

※ [at] を @ に置き換えてください.

* 研究報告原稿ご作成については以下のURLをご参照ください.
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

--
本研究会では企画セッションとして、ライトニングトークセッションを企画しています。
そちらへの参加の検討もお願いいたします

ページ

Subscribe to RSS - 研究発表会